キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 治験開始時にする仕事とは : 臨床開発モニターのカタチi

治験開始時にする仕事とは

臨床開発モニターは、医療機関と交渉して治験の契約をし、モニタリング業務を行ないます。

治験開始時にする仕事とは

治験ができる病院と医師、患者さんが見つかったら治験が始まります。

その際に、臨床開発モニターがどんな仕事をするのかをここではご紹介したいと思います。

主な仕事には、モニタリング業務があります。

これは、患者さんのカルテを直接見て、治験実施計画書に従ってきちんと治療が行なわれているか確認する作業が含まれます。

ですから、臨床開発モニターも、治験に関する正確で豊富な知識を持っていることが求められますし、その情報を患者さんにきちんと伝えるコミュニケーション能力も求められることでしょう。

ですから、この仕事をしている人は、以前看護師だったり、薬剤師だったりする方が多く、その後この仕事に転職してきた方が多いようです。

また臨床開発モニターがする別の仕事として、万が一、治療薬による命に関わる副作用が起きたときに、医師と協力してその対応をするという仕事があります。

一連の流れの報告書を作成するのはもちろん、支援業務を行なったりもします。

さらには、医療機関との契約の際に、費用について、賠償について、また責任問題についての話し合いをしなければなりません。

製薬企業を代表して医療機関と話し合いをするわけですから、製薬企業に有利になるように話しを持っていかなくてはいけません。

ですから、交渉力も求められることでしょう。

そして双方が納得したら、治験の契約をするということになります。

このように、臨床開発モニターは、治験が始まると様々は仕事を手がけることになります。