キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 臨床開発モニター転職事情 : 臨床開発モニターのカタチi

臨床開発モニター転職事情

臨床開発モニターを募集している企業の説明と、それぞれのメリット、今後の活躍についてご紹介しています。

臨床開発モニター転職事情

臨床開発モニターの募集を行なっている団体は大きく分けると3つになります。

一つは、製薬メーカー、
もう一つはCRO(製薬メーカーの業務を代行するアウトソーシング機関)、
そして医療機器メーカーです。

それぞれの企業で、求められる人材が違います。

製薬メーカーの場合、臨床開発モニターの経験が3年から5年ある人が求められます。

そして外資系の場合、英語は必須です。

CROは、未経験者でも大歓迎されます。

年齢は、20代から30代までで、出来れば薬剤師や看護師、臨床検査技師、治験コーディネーターやMRなどの経験があればなお歓迎されることでしょう。

医療機器メーカーの場合は、臨床開発モニターの経験者が求められていて、今は募集が増えているという状況です。

メーカーで働くメリットは、自分で細かい分野まで仕事に携わることができ、新薬の開発に大きな役割を果たすことが出来ます。

そしてキャリアアップもしやすいというメリットがあります。

CROで働くメリットは、教育研修が充実しているので、未経験者でも働きやすく、幅広い業務や領域を経験することができるでしょう。
>>>日本CRO協会 | CROを知る

どの企業で働くにしても、今は臨床開発が加速化に伴い、臨床開発モニターの業務も増加し、人手不足などで、臨床開発モニターに転職しやすい状況になっています。

また臨床開発モニターとして働き、後にプロジェクトマネージャーや、クリニカルリーダー、などのキャリアアップをすることもできるので、注目の職業の一つと言えるでしょう。