キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 臨床開発モニターのやりがいと苦労について : 臨床開発モニターのカタチi

臨床開発モニターのやりがいと苦労について

臨床開発モニターは、患者さんを助けることにやりがいを感じれますが、精神的な苦労もあります。

臨床開発モニターのやりがいと苦労について

臨床開発モニターはやりがいのある仕事ではありますが、その分苦労もあります。

まずどんなやりがいがあるか見ていきましょう。

これは実際にCRAとして仕事をしていた方の声ですが、新薬の開発に伴い、患者さんの病気が良くなっていったり、病気が完治したりするのを見るのは喜びにつながる、というやりがいがあります。

実際に、治療に関与するわけではありませんが、間接的にでも患者さんのためになっていることを感じることができると、人を助ける喜びを感じ、充実感、達成感を味わうことができるでしょう。

また自分の努力次第で、年収をあげることが出来たり、高い評価をもらうことが出来ます。

いわば臨床開発モニターは実力がある人ほど、お金と名声を得ることができる仕事です。

また製薬企業と医療機関の仲介業者として働くので、色々な職種の人、立場の人と接することができ、自分を広げることができ、色々な世界を知ることができるでしょう。

ではどんな苦労があるでしょうか?
担当する医療機関が多いと、出張が多くなります。

出張は、新幹線や飛行機で移動します。

また日帰りでは帰れず、宿泊することを求められることもあるかもしれません。

さらに残業がある仕事です。

一例をあげますと、月に30時間ほど残業をしているCRAもいます。

また、治験責任医師が、忙しく個性的な医師の場合、コミュニケーションを図るのに苦労したり、また製薬会社と医療機関の板ばさみになり精神的に疲れることもあるかもしれません。